ビッグスウェットでお茶目気分 ダボッとコーデにエッジさを投入

 

 

出典元サイト:photo-AC

出典元URL:https://www.photo-ac.com/main/detail/2170086?title=%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%82%92%E7%9D%80%E3%81%9F%E5%A5%B3%E6%80%A7

 

トップスに、ゆるーい素材のビッグスウェットを合わせて萌え袖に。

 

ビッグシルエットは華奢見せ抜群、コーデをお茶目気分に誘います。

 

ユル感からくるリラックスモードは、女性のやわらかさをイメージ付け。

 

お顔まわりに力の抜けたふんわり感をだしたら、どこかに相反するエッジさを投入して引き締め感をプラス!

 

お茶目なビッグスウェット×辛口モードなコーディネートをお届けします。

 

 

ピンクのビッグスウェット×リペアのダメージジーンズ

 

 

出典元サイト:WEAR

出典元URL:https://wear.jp/m91118/13271970/

 

ピンクの大きめスウェット。

 

フロントをしっかりボトムスインでだらしなさはなく、しかも白のニット帽の効果でアンニュイな力の抜けた着こなしです。

 

トップスのピンクとは異なる色味・ブルーをボトムスにチョイス。

 

カラーだけでなくシルエットも大きく異なり、足の細見えを加速します。

 

デニムは単なるダメージではなく、修復されたリペアジーンズ。

 

スラッシュでのワイルドな肌見せを抑えて、その分足首でセクシーな抜け感を表現しました。

 

 

 

 

裾ブラックのイエロースウェット×濃紺スキニーパンツ

 

 

出典元サイト:WEAR

出典元URL:https://wear.jp/19371937/14069865/

 

発色の良い明るめイエロー。元気さあふれるビタミンカラーのスウェットです。

 

ワンピースのようなダボっと感が◎。

 

裾にはお目立ちのブラックでエッジィに味付け。

 

また、ボトムスにはタイトなシルエット×チャンキーヒールでハードさを表現しました。

 

トップスの色味とボトムスが補色になって素敵なカラーコーディネートです。

 

 

 

赤のロゴ入り黒のスウェット×短め肩紐のショルダーバッグ

 

 

出典元サイト:WEAR

出典元URL:https://wear.jp/matsumi/14145040/

 

メンズライクな黒の大きめスウェットです。

 

パンツには薄ベージュで品のある、とろみ系素材をチョイスしました。

 

トップスが重めなので抜け感出しにイイ感じですね。

 

あえてスウェットの袖先はもたつかせて。

 

指先をちょこんと覗かせればとっても胸キュン。色が男性的な黒なので「やり過ぎ感」はありません。

 

 

小物はラフな肩掛けバッグをチョイスしました。

 

クタっとしたバッグをゆるッとコーデに取り入れて、休日カジュアルを加速します。

 

肩紐短め&紐先を長めに垂らし、縦長をスタイリッシュにイメージづけ。

 

長めベルトで表すテクニックをショルダーバッグで演出し、ほのかなエッジさをプラス!

 

 

 

 

まとめ

 

トップスにダボっとしたスウェットでお茶目気分。

 

萌え袖にすれば…手の動きを華奢に見せる高度なテクが簡単に。

 

ユル感には、どこかにキュッと締まった「エッジ」を効かせてコーデをキメてみませんか?

 

 

©︎2019 Selfy-Fashion

コメントを残す