濃紺Gジャンで甘さをダウン 清らかロングスカートにグッドチョイス

 

 

出典元サイト:photo-AC

出典元URL:https://www.photo-ac.com/main/detail/1256121?title=%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%82%92%E3%81%A8%E3%82%8B%E5%A5%B3%E6%80%A7%E3%80%80k013

 

清楚感100%なホワイトスカートに、濃紺GジャンをON!

 

するとお顔まわりにグッドな引き締め感が表れます。

 

軽~いイメージを作るフェミニンスカートに、生地重めなGジャンを合わせて異素材ミックスコーデ。

 

甘さをしっかり抑えてくれるから、Gジャンは大人のアクセントにぴったりです。

 

 

 

オーバーサイズのGジャン×花柄ワンピース

 

 

出典元サイト:WEAR

出典元URL:https://wear.jp/wonderhiro/14334355/

 

小さな花柄がレトロな印象を放つワンピースです。

 

ONしているのはオーバーサイズのブルーGジャン。

 

レトロガーリーなワンピースの甘さを、ボーイズなアウターでしっかりダウンさせました。

 

素材だけでなくフォルムでもメリハリのついたコーデに仕上がって◎。

 

足元にはワンピースとミスマッチな黒スニで、お洒落番長レベルのセレブ感出しはさすがです!

 

 

 

濃紺Gジャン×ホワイトワンピース

 

 

出典元サイト:WEAR

出典元URL:https://wear.jp/wonderhiro/14334355/

 

清らかなホワイトワンピース×品のある濃紺Gジャンの爽やかコントラストが素敵。

 

まるで、青空の下の澄んだ空気感を思わせます。

 

ワンピースのガーリーさに濃紺Gジャンが、ほどよい大人のアクセントになっています。

 

ツートンカラーのソックス&装いにリンクしたベレー帽が、お茶目で可愛らしいムードを高めてGOODです。

 

 

 

ホワイトGジャン×花柄ティアードスカート

 

 

出典元サイト:WEAR

出典元URL:https://wear.jp/aschelu/14350176/

 

ベージュの色味が落ち着いた雰囲気を醸す、花柄ティアードスカート。

 

インナーも薄ブラウンで色をリンクした「なじませコーデ」に、Gジャンはあえて白を選択しました。

 

ベージュ系のなじませ感を品よくキープするため、遊び心のあるGジャンは色味を無彩色に。

 

するとベージュを使った曖昧なワントーンコーデがお目見えし、さすがの統一感は◎。

 

ティアードスカートの甘さをダウンしたい時は、サングラスという小物でエッジを効かせたテクニックはお手本です。

 

 

 

まとめ

 

清楚でガーリーなスカートに、しっかり存在感のあるGジャンで大人のアクセント付け。

 

濃紺は上品な味わい、ホワイトGジャンは淡いスカートになじませながら。

 

スカートとの異素材ミックスを楽しみましょう。

 

 

©︎2019 Selfy-Fashion

コメントを残す