ボタニカル柄でリゾートへ 花柄に大人のパンチを効かせたテクニック

 

 

出典元サイト:photo-AC

出典元URL:https://www.photo-ac.com/main/detail/1169905?title=%E8%8A%B1%E6%9F%84%E3%82%B9%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%88

 

きれいに描かれた花柄プリントですね。

 

今季もボタニカルをあしらったスカートやワンピースはトレンドです。

 

裾をおとなっぽく揺らめかせてリゾート気分を振りまきましょう。

 

花柄でガーリーなアイテムですが、こなれた大人キュートに仕上げるコツは??

 

落ち着きのある色をプラスして大人のパンチを加えながら、こどもっぽさを回避です。

 

 

 

カーキのジャケットでハズしテク よりキュートに

 

 

出典元サイト:WEAR

出典元URL:https://wear.jp/hagiwarayuumi/12426548/

 

永遠の愛されテッパンコーデ。花柄ミニ丈Aラインワンピースはキュートさ抜群です。

 

ストラップサンダルできれいめに仕上げて◎。

 

ONするアウターは、ボタニカル柄のハッピームードを抑えるカーキジャケットを選択しました。

 

ジャケットと言っても、丸襟&ショート丈でレディライクなシルエット。

 

ボタニカルの華やかさをジャケットでダウンしたテクニックと思いきや、これは大人のハズしテクなんです。より一層「キュート見え」させてGOODです。

 

 

 

鮮やかコントラスト選択で、リアリティのある柄へ

 

 

出典元サイト:WEAR

出典元URL:https://wear.jp/hinacocco/12970972/

 

鮮やかなビビッドカラーのボタニカル柄スカートです。

 

大人っぽく着こなしたい時は、濃いめベースではっきりした色合い、リアリティのある柄がおすすめ。

 

そして床に着いちゃいそうなほどの超ロング丈!

 

合わせるトップスはカジュアルなショート丈Tでスタイル抜群コーデに。

 

しかもトップスショートに見せる「細めピッチのボーダー」だから、脚長効果を急加速してお洒落上級者です!

 

 

 

濃紺ワンピースで大人ムード イレヘムなら一層美脚効果

 

 

出典元サイト:WEAR

出典元URL:https://wear.jp/figarotsujiyukimi/12486900/

 

レース遣いでボタニカル柄を表現した、おとなっぽワンピースです。

 

お色は落ち着きのあるネイビーをチョイスしました。子供っぽさは見事に回避、キュートというよりはセクシーさばっちり。

 

ノースリーブでスッキリさせた縦長効果が表れます。

 

ワンピースの揺れる裾に向かってきれいな広がりが◎。潔くこの1枚での着こなしが素敵ですね。

 

裾の透け感、そしてサイドの大振りフリンジがイレヘムを表し美脚見せを叶えています。

 

濃いめなカラーなので足元は重くならないよう、ストラップサンダルでもバランスをとりました。

 

控えめなボタニカルだからリゾートにはもちろん、ショッピングやタウン遣いにも◎なんです。

 

 

 

まとめ

 

かわいらしいボタニカル柄ですが、ベースになる色や合わせる羽織物で辛みのあるパンチをプラス!

 

このバランステクニックを楽しんで、確実にモチベーションはUP。

 

スタイリッシュに見せる工夫を意識すれば、なお大人っぽくなじませることができますよ。

 

 

©︎2019 Selfy-Fashion

コメントを残す